未来に向かって はばたく芹田

地域たすけあい事業

地域住民参加型の有償在宅福祉サービス

都市化や核家族化が進み、価値観が多様化した現在では、昔ながらの地域の支え合い機能が低下してきています。一方で、日常生活の困りごとを何とかしたいというニーズもあります。「地域たすけあい事業」は、地域にお住まいの方の協力を得ながら、「お互いさま」の気持ちで支え、助け合える風土づくりを進めるしくみです。ひとりの人をみんなが支え合う、思いやりとやさしさを持った地域づくりをめざします。

地域たすけあい事業とは

高齢者や障がい者等の方が日常で困った時に地域住民の皆さんが有償で、身の回りの家事援助や外出のお手伝いを中心に行う事業です。

この事業を利用する場合には利用会員、協力会員共に登録が必要になります。

利用会員とは   市内に居住する高齢者及び障がい者など日常生活で困ったことがある方

協力会員とは   利用会員に対して、家事援助や福祉移送の運転のお手伝いをしていただく方

賛助会員とは   この事業の趣旨に賛同し、資金援助をしていただける方

地域住民による有償たすけあい活動とは?

地域にお住まいの方同士による「お互いさま」の気持ちを大切にしたたすけあい活動です。住民自治協議会が運営の中心となり、地域からの会費を主な財源として、協力会員の自発的な発動によって支えられています。

営利目的の事業ではありませんので、協力会員の報酬については必要経費や謝金に相当します。

協力会員のスケジュールによっては、利用会員のご希望に添えない場合がありますので、事業の主旨をご理解のうえあらかじめご了承ください。

地域たすけあい事業の内容

家事援助と福祉移送の2種類のたすけあい活動があります。

家事援助・・・身の回りの家事に関するお手伝いをします

・食事づくり  ・衣類の洗濯  ・住居等の掃除  ・生活必需品の買い物などお困りのことや、ご希望などをお聞きしながら、具体的な援助内容や時間について決めます。また、必要に応じて他のサービスを紹介します。
利用の注意点
●家事援助は、介護保険制度等で利用できる訪問介護サービス(ホームヘルプサービス)などの、法律に基づくサービスとは異なります。
(1)介護福祉士等の資格を有している方がサービスを提供するものではありません。
(2)介助行為は行っておりません。

福祉移送・・・歩行困難な方の外出のお手伝いをします

・医療機関への通院や入退院  ・機能回復訓練(リハビリ)施設等への通所
福祉移送のご利用については条件があります。利用を希望される方の身体の状況についてお聞きしたうえで判断します。
利用上の注意点
●福祉移送(福祉自動車による送迎)は、専門業者が運行している福祉タクシーとは異なり、営利を目的としたものではありません
(1)急な利用、行先の変更や途中下車(ご自宅~目的地間の下車)等はご遠慮いただいています。
(2)介助行為は行っておりません。乗降時や受診時にお手伝い(介助)が必要な場合は、介助を行う方を別途手配していただきます。

利用料

利用料は次のとおりとなっています。
●家事援助 500円
●福祉移送 600円
※いずれも1回または1時間以内(利用にあたっては事前に利用券を購入していただきます。)
利用料以外に交通費や材料費が生じた場合には利用される方の負担となります。
利用時間
ご利用いただける時間は原則として8時30分~16時となります。

協力会員募集!

気軽にできる身近なたすけあいの活動です。笑顔あふれるまちづくりにあなたも参加しませんか。

活動内容は?
日常の家事援助、及び福祉自動車の運転です。

活動時間は?
あなたの可能な日・時間帯で調整します。

資格は必要?
【家事援助】熱意のある方であれば年齢や経験は問いません。
【福祉移送】普通免許をお持ちの方(ただし、指定された運転講習会を受講していただく必要があります。)また、初めて登録される場合は、原則70歳を限度としてご協力をお願いしています。
保険の加入・・・協力会員が活動中にケガをしたり、利用会員にケガを負わせた場合に備えて賠償責任及び傷害保険に加入しています。

お申込み、お問い合わせは「芹田地区社会福祉協議会」
コーディネーターまでお気軽にどうぞ
電話 226-6050

FAX 264-5880