未来に向かって はばたく芹田

親子こどもプログラミング体験教室 開催

7月18日(土)・19日(日)の2日間、18日は芹田公民館で19日は栗田神社社務所で、芹田小学校の4年生から6年生を対象に「親子こどもプログラミング体験教室」を開催し、13組の親子が参加しました。

子ども向けのプログラミング教室を県内外で数多く開催している信州大学工学部不破泰教授が、優しく丁寧に教えてくださいました。

内容は、IchigoJam(イチゴジャム)と称するミニコンピューターを使って、プログラミングの初歩を勉強しました。LEDのライトを点滅させたり、計算をさせたり、2日目はゲームを作りました。コンピュータで自分の指示通りに点いたり消えたり動いたりすることは、子どもだけでなく保護者の方々も興味深かった様子です。熱心にメモを取っている親御さんもいました。ある6年生は「達成感が半端ねぇ」と満足気でした。

この企画は、1回で終わりではなく次のステップも考える予定だそうです。