未来に向かって はばたく芹田

全国中学校スケート大会ウエルカム事業として「きのこ汁」を振舞いました

第39回「全国中学校スケート大会」が、2月2日~6日まで開催されました。
フィギュアスケートの会場となったビッグハットで芹田地区住民自治協議会では、2月5日(火)きのこ汁の振る舞いを行いました。
全国から選手、観客、競技関係者が大勢集まる大会に合わせて、歓迎の気持ちを暖かい「きのこ汁」でおもてなししようと企画し、今年で3年目となりました。
当日は快晴に恵まれ、住自協役員や日赤奉仕団芹田分団及び地域活動男女共同推進委員会の協力を得て早朝から取り掛かり、大釜2つ約700食を準備しました。食材はキノコほか全て県産品を使い、また一部を市内企業に提供していただきました。
午前11時半の振る舞い開始と同時に大勢のお客様が列を作り「きのこ汁」を召し上がり、多くのお客様から「おいしい」「温まった」「ありがとう」などの感謝の声をいただきました。
開始から約1時間で用意したきのこ汁がすべて提供され、ウエルカム事業は今年も成功裏に終了しました。
ご協力いただいた関係者の方々、企業に感謝申し上げます。